« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

上の子は手がかかる? パート2

 

上の子は、下の子に比べて
とても手がかかると
実感している毎日です。。。

 

 

 

それは保育園に迎えに行った時の二人の反応を見ても
分かります。

 

部屋に顔を出すと、
必ず最初に気がつくのはひよこの方。

 

ひよこは、毎日迎えの時間が近づいてくると
ソワソワして戸口に待機しています。
ヽ(=´▽`=)ノ かわいいなあ

 

 

そして

 

10301

 ちゃん、

 

 

10302

 ちゃんちゃん、

 

 

10303

 ちゃんちゃんちゃん。

 

 

 

あっという間に帰り支度終了。

 

 

ひよこ、完璧です!  (o^∇^o)ノ

 

 

 

 

で、菜々は、というと……

 

 

 

10304

 

まるっきり「無視」です。

 

 

どれだけ呼んでも、嬉しそうな顔も見せず、
テレビに没頭して、
ひたすら「無視」なんです。。 ( ̄⊿ ̄)oムウ〜ッ

 

たいてい先生から「ななちゃん、お母さん待ってるよ」
とか何度もいわれて、しぶしぶ腰をあげるというパターン。

 

 

 

朝、別れる時は、
「お母さん行かないで〜」とかいって
ひたすらしがみついてくるのに、
迎えに行けば行ったで、
帰ろうとしない。


 

 

手がかかるなぁ〜

┐( ̄ヘ ̄)┌ ふぅぅ……

 

 

 

そして、ようやく帰ろうとすると、
疾風のごとく、目の前を横切るモノが。

 

 

 

10305

 

 

このあと、2、30分、園庭で遊ぶハメになります……

で、帰ろうと言ってもなかなか帰らない。



 

手がかかるなぁ〜 (;;;´Д`)

 

 






なぜ、上の子は下の子よりも手がかかるのか。




それは、
手をかけるから、手がかかるようになるのだ
という意見もあります。

「上の子は、下の子にくらべて6倍手をかけている」
という調査もあるようです。




それは実感としてありますね‥‥。
ひよこはほったらかしなのに対し、
おそらくななには、6倍くらい、手をかけている気がします。
だから手がかかるようになったのだと言われれば、
そういうこともあるかもしれない、と思います。






でも、私はそれもまたよし、だと思います。

手をかけて育てることが、悪い事であるはずがありません。(o^-^o)




もちろん自分でやろうとしているのに親が奪ってやってしまうのはよくないですが、
本人が要求しているならば、どれだけ手をかけても私はいいと思います。
甘えは十分受け止められなければならないもの、と思っています。


ご飯を食べるとき、今だにななはしょっちゅう、
「お母さんが食べさせて〜」と甘えてきますが、
( ̄Д ̄;;ちょっと引いた?
このような行動は問題にせず、
私と一緒にいる時間は、十分に甘えさせてやろうと思っています。

(ひよこは自分で食べているんだけどね…… ( ̄ω ̄;)あら?




「甘え」「甘やかし」の線引きは悩みながらではありますが、
日々少しずつでも成長したいものです。




とりあえず、ななは今のところ非常に手がかかる子ですが、
手をかけた分、将来、素晴らしい花を咲かせてくれるかもしれません。

もしそうならなかったとしても、
それはななの性格だから
母にはどうすることもできないしね。。。






こんなわがまま娘が急にお姉ちゃんになっちゃっても、それはそれでさみしい↓↓

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

上の子は手がかかる?

夢の中でもかいていた、
「ハッピーアドバイスもっと知りたい小児科の巻2」
のお仕事が、昨日でようやく終わり
締め切り直後のやすらぎの漫画家、オオタです。

shine
 開放感で景色まで変わってみえますね shine



これでやっとお買い物に行けるわ( ̄▽ ̄)

 

11月中旬発売だそうです。

 

9人のお医者さんがかかれた本なので、
お得感満載ですが、
個人的には、明橋先生の
「子供が保育園に行きたくなくて仮病を使う」
がちょうど、まさに、タイムリーで、
とても有り難かったです。


菜々は新しいクラスに馴染むのにかなり時間がかかりましたが
今は楽しく通っています!ヽ(´▽`)/

 

発売が楽しみです!ヽ(´▽`)/

 
 
  

ところで、2人以上のお子さんをお持ちのお母さん、

 

……上の子って、

 

 

…………すっごく手がかかりませんか?

  
  

毎日つくづく実感しています。

 
  

たとえば、パパが朝出勤するとき、

 

ひよこの場合、 

 

10272

 

 

 

 

10273

 

 

 

 

10274

 
パパはとってもさわやかに出発できます。
(*´ェ`*)

 

 

 

 

それがななの場合、

 

1027

 

 

こう。

 

10275

 

 

か、こう。 

 

10276

 

 ( ̄Д ̄;; 

 

 

 

はじめはまだ遊び半分なんだけど、
あまりにもしつこくて時間がなくなってくるし、
父ちゃんも本気でイライラしてきて

 

 

 

10287


 
 
 
 
 
 

10288

 

たいていこんなオチで終わります。  (; ̄   ̄川 

 

 

あ〜。朝の忙しい時間にめんどくさ。

 

 



10289_2


 

 

上の子って、手がかかるよな〜、
と思う事が毎日あります。



次回はこの続き↓↓

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

お久しぶりです。

 

仕事の山もピークを越えました!

 

ようやく、夜は人並みに休める……
と思ったら今度はひよこの咳がひどくて、
夜中に何度も起きては泣いています。


私もうつされました。
(。`Д´。)彡 
ゴホゴホ!!


風邪が流行り始めているようですね。
みなさんもお体お気をつけ下さい。(。>0<。)


夕べはあさりのみそしる。

いいですよね、あさり、美味しいです。

菜々もあさりは意外と好きで、
いつもはご飯になってもすぐには寄ってこないのに、
あさりのおみそしるを見つけて喜んで席につきました!


0924

やったね!

09242




 

ちなみに、
「潮干狩り」というものは
みたことも聞いた事もないはず。。。




 

 

 

となりではひよこが 

 

09243

 

貝ごとまるかじり。



 

夕食はいつも慌ただしいです↓↓

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (1)

台風大丈夫ですか?

 

すごい台風ですね。
みなさんのお住まいの地域は如何ですか。

あまりの暴風に、家がガタガタと揺れ、

菜々が

「まだななちゃんは死にたくない〜!!」

。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。ウワーン!!

と、本気で泣きました。

 ……(; ̄ー ̄川



私の住む地方では、市内の小中学校は全て休校になったようですが、保育園は、働くお母さんのためにひらいてくれています。

今朝外に出ると、電柱や木がなぎ倒され、風で飛ばされていました……
(@Д@i)タラー


そして、また菜々が

「こんな雨風の強い日に、車さんを外に出しておくなんてかわいそう!!車庫に入れてあげて!!」

と大騒ぎ。


|||(-_-;)|||||| うちに車庫はないのよ……



車の中に入りこんだ雨を
「大丈夫?」と話しかけながら一生懸命タオルでふいていました。




 
保育園も、さすがに来ている子どもは少なかったのですが、
保育園のお友だちと体験する
この台風のドキドキは、
忘れられない思い出になるんじゃないかな、
なんて思っています。




締め切りがあと3週間に近づいて
さすがに焦っています。
ラストスパート!!


みなさんにとって
「分かる」「身近な本」になるように
精一杯頑張ります♪

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (1)

「甘えた子が自立する」

 

今日は、保育園に子供たちを送っていった帰り道、
いろいろ考えてしまいました。



ひよこは、いつまでも赤ちゃんでいて欲しいと思うのに、
どうしてななには、早くお姉ちゃんになって欲しいと思ってしまうんだろう。

 

まだ5歳なのに……

o( ̄ー ̄;)ゞう うむ


早く自分のことは何でもできるようになって、
お母さんを楽にして欲しい。
と、ななには期待してしまいます。

 
 

口に出しては言いませんが、
ななが甘えてくると、
どうしてこれくらいできないんだろう(モヤモヤ)
お姉ちゃんなんだから自分でやってよ(モヤモヤ)
と思いながら対応していて、喜んで甘えさせてないよなあ、と思います。

 
 

でもひよこは何歳になってもきっとかわいくてかわいくて、
きっときっと、どんな甘えでも、心から受け入れられると思うのです。

o( ̄ー ̄;)ゞう うむ…………


「甘えたいだけ甘えさせてもらえた子どもは
自立する」
これだけ言っているのに、
なかなか分かってもらえない。


以前、心理カウンセラーの明橋大二先生とお話する機会のあった時に言われたことです。

「甘えた子が自立する」
この言葉は、本当に深いんですよ。

 

と言われたことが、心にささっています。


 

「自分のペースで自立していった子は、
土台がしっかりしているんです。
周りの強制で、無理矢理自立させられた子は、
土台が軟弱で、またどこかで
赤ちゃん返りしようとするんですよ。」

と言っておられました。

 

∑(⌒◇⌒;)ホントにそう!


 

分かっているつもりでも、
ななの甘えが、まわりの子どもがしていないようなこととなると、
「この子は大丈夫なんだろうか。」
と心配になってしまうし、
「甘やかしすぎたから、こんなに言う事きかなくなったのでは」
「この年齢でこれほどわがままなのは、おかしいんじゃないか」

とついつい思ってしまうんですね。
で、
「やっぱり、もっと厳しくした方がいいのでは」

と、ふりこの針が揺れそうになります。


 
 

「甘えは必要なものなのに、
どうして親は自立させたくなっちゃうんでしょうね。(^ ^;)」

と明橋先生に言うと、

「やっぱり不安だからだよね。」

と言われました。

「最初はついつい周りの意見に左右されるからね。
2人、3人と育ててくると、こっちもベテランになって、自分は自分、と思えるんだけどね。」

確かに、周りの目が気になります。
自分では、それほど気にしてるつもりはなかったけど、本当は、もの凄く気にしているんだと思う。。。
あと、周りの子も気にしてしまいます。
あの子はできるのに、うちの子は努力しようともしない、とか、あの子は言う事聞くのに、うちの子は全然ダメ……とか。何かあるとすぐに心配になります。

ちなみに、この点においても、ひよこは全く、気になった事はありません
(まだ小さいからかな)


 
 
 

「甘えた子が自立する」

これから、どんな問題があっても、
このキーワードを堂々と肝に銘じて、
明るく楽しくハッピーな子育てを
していきたいと思いました。 

 

=*^-^*=  にこっ

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »