« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

ジョン•ワナメーカーの言葉

 
 
 

本人は気づかないが、
いつも拡大鏡を持ち歩いて、
人の欠点ばかりのぞき回っている者がいる。


 

ジョン•ワナメーカーの名言です。

 
 
 
 

ズシンときました。

 
 
 
 
 

せっかく自主勉強をしたのに、
「字をもっと丁寧に書かないと」
とついつい言ってしまう。

 

毎日早起きして学校でも頑張っているのに、
家に帰ってテレビを見ていると、なぜか
「ダラダラしている」と思ってしまう。

 
 

子供といっても、一人の人格者。
親の無限の欲を押し付けられては
たまったものではありませんよね。 

 

「欠点を直そう」=「今のあなたはダメ」というメッセージ。

 

 

この言葉と出会えたことをチャンスに、
子供のダメな所ばかりに目がいってしまう自分を
改めたいと思いました。

 

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (4)

公園遊び♪

 
 

子供と公園に繰り出すと
とっても気持ちのいい季節になりました! 

 
 

私は、子供と公園で遊ぶのが
大好きです。

 

自分が子供と同じなので、
子供のレベルに下がる事は
まったくもって容易な事なのです。

 
 
 
 

大抵のお母さんは、
少し離れた所で子供を見守っていたり、
ママ友とのおしゃべりに花を咲かせていたりしますが、

私は、本当に、
ママ友とのおしゃべりを差し置いても、
子供と走り回っています!

 

 

  
 
 

04241  

 

滑り台楽しい!

 
 

 
  

04242

 

楽しい!!!

 

 

 

 

04243

 
 

楽しすぎる!!!! 

 
 
 
 

 

 

すると、ひよこが滑り台の柱に向かって
ゴニョゴニョ話しかけていた。

 
 
 

04244

 
 
 
 
 
 
 

04245  

 
 
 
 

 

 

04246  

 

師匠━━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!! と呼ばせて下さい

 

 

 

所詮大人は足下にも及ばない。
 

 

 

滑り台一つで
ここまで楽しめるとはね。

 
 

楽しみ方のレベルがまるで違うジャン!  

 

 

 

子供の楽しみ方には
全くかなわないと思った
春の日の思い出。

 

 

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

子供が静かにしているとき

  
 

 
子供が静かにしている時……

 

 

 

 

 

 

 

そんな時は要注意です!

 

 

 

 

 

「ラッキー☆今のうちに少しでも家事をこなしていこう!」
なーんて喜んでいたら、とんでもない返り討ちにあったりします。

 

 

 

 

「あれ、何やってんだろ、
そういえば静かだな」

 

と思ったら

 

 

ほぼ!
 

 

100パーセントに近い確率で!!!

 

 

親がやってほしくないことをしています。

 

( ̄○ ̄;) ガーン! 

 

 

 

 

 

 

さっきから静かだと思ったら……

 
 
 
 
 
 

04201

あんなーことー♪

 
 
 
 
 
 

04202  

こんなーこーとー♪

 
 
 
 
 
 
 

04203

あーったーでーしょー。

 

被害者はいつも「あ行」の人。

 
 
 
 
 
 
 

そしてこれはこの間のこと。

 

 

 

 

しばらく仕事に没頭し、
行ってみると

 

 


 

 

 

04204

 
 
 
 
 
 

04205

 

 

 

04206  

 

 

案の定の展開。 

 

 

 

 

 

こういういたずらに熱中している時に
脳は活性化するという話も聞きますから、
それだけの覚悟があればいいんでしょうけどね。

 

 

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

★コメント紹介〜★

 

先日の記事に続き、
子供のかわいい語録がまたまた届きましたyo! 

 

 

 

皆さん色々ですね(o^-^o)
うちの小4の長男は小学校に上がるまで、
くっついたをつっくいたって言っていました(^-^;
2歳の次男は今アンパンマンブームで
バイキンマンをガイビンマンと言って、
毎日アンパンマンごっこをしでいます(*^-^)

(ゆったんママさん)

 

 

うちも「つっくいた」って言ってました。(o^-^o)懐かしい
2歳の頃は、「ピーマン」や、「肉まん」さえも、
やなせファミリーの一員だと思っていたななですが、
今でも、「赤ちゃんマン」は「マン」とつくから
男だと、言い続けています。

 

 

 

 

我が家の娘はアトピーがあります。
お風呂あがりや痒いときにクリームや
塗り薬をつけるのですが…
「クリーム」を「みーむ」って言いますヽ(´▽`)/
ちなみに「リップクリーム」は
「おくちのみーむ」です。
とろけそうです❤

(hiroさん)

 

 

かわい〜〜♥ 

小さい子って、いろんなものに「お」をつけますよね。
「おイス」とか「おシッポ」とか。
それを聞いているだけでも幸せな気持ちになります。
大きくなったら「おくち」も言いません。

 

 

言い間違い、かわいいですよね。
言い間違いとは少し違うのですが、
うちの今日のことです。

ママ手作りのおやつを食べた4歳の息子に、
どう?おいしい?と聞くと、
「いまいち」というコメント。

えっ? おいしくないの?と聞くと、

「『いまいち』っておいしくないことか? 
ユキちゃん、おいしいことと思った。」(ユキムラ談)

本人はどこで覚えたのか、
どうやらほめ言葉のつもりだったようです。

家族みんな大爆笑でした。

(やんとロボさん)

 

ありますよね。。。
言葉の入力ミス。

ななは、小さい頃、攻撃する時の言葉が、なぜか
「だいぼしゅー!!」
でしたしね。。。

でも、子どもって、
始めの数年間でものすごい膨大な語彙を覚えてしまうのですから、
たいしたものです。
ミスを恐れぬ体当たり精神こそ
勝利の秘訣でありましょう!!

 

 

みなさんのおもしろエピソードで
楽しませて頂きました。
ありがとうございました!!

| | コメント (3)

★コメント紹介〜★

コメントに寄せられた語録を
勝手に紹介〜ヽ(´▽`)/

 

おちゅくり・・・
たまりませんねー
うちの2歳の息子は「パーカー」を「カーパー」って言ってます(笑)

うちもアレルギーっこで、喘息と皮膚の弱さが・・・。
お風呂上がりの薬塗りは追いかけっこに発展して疲れます

(おみやさん)


 

お疲れさまです。
夏はいいけど、冬は寒いから
もう必死ですよね。(;´▽`A``
これも、大きくなってから、
「お母さんとの素肌の思いで」みたいに
よい思い出になるといいのですが……。




こんにちは!
全然違うんじゃなくってちょっとだけ言えてないのって
本当にかわいいですよね!!
うちはプレゼントをプゼレントって言います

(かおりさん)
 
 
 

そうそう、そんな感じ。
あんまりかわいいから、家族全員で
真似しちゃいますよね。o(*^▽^*)o
で、ついつい人前でも言ってしまったりする。

 
 


我が家の子供達の小さい頃を思い出しました!
特に長男は言い間違いというか言えてないことが多くて『おかいもの』を『おかいのも』と必ず言っていたし『ヘリコプター』はまさかの『ヘタクリッパー』(笑)

その長男も今年の3月に高校を卒業して看護師を目指して県外の学校に進学し一人暮らしを始めまし
た。

子供が成長するのは本当に早いです!
<今>という時を大切になさってくださいね^^

(なーたんさん)

 
 
 

ヘタクリッパー!!(爆
もはや何のことか分からないですね。
本当に、今のこの時期を大切にしたいと思います。


 
 

みなさん楽しいコメントを頂き、
ありがとうございました!!!

| | コメント (3)

言えない〜★

 
 

うちの子はそろって、
アレルギー。
 

そして肌も弱い。

 
 
 

ほとんど毎日のように、
発疹ができては、かいています。

(ななは、年中くらいから、大分よくなりましたが、
 今でもお風呂上がりのローションは欠かせず、
 週2日程度の頻度で発疹ができます)

 

  
 
 
 

04161

 
 
 
 
 
 
 
 

04162

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

04163_2  

 
 
 
 
 

もう!
いつまでも、このままでいてほしいなあ。

 
 
 

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (8)

やってほしくないことをしている時の対処

 

ひよこが一歳くらいの時は、
それはもう!
すべての行動のうちの99パーセントは
 
「もうやめて〜!!」

 
ってことでした。
(。>0<。)爆発娘〜!!

 

 

 

最近は、少し成長したのか、
母が嫌がることが分かっていながら、
あえてやる。

という言動に変わってきました。

┐( ̄ヘ ̄)┌  あかん!にやにやしとる!! 

 

 

 

 

そんな時に有効な方法の一つがこちら。

 

 

 

 
やめてほしいことをしている時には一切無視をして、
やめたとたんに絶賛する。という方法。

 
 

 

 
 
効果バッチリよ!


 

 

 


例えば、
家に帰って急いで夕飯の支度をしていると、
待ちきれないひよこは、
台所をゴソゴソして……

 

 

 

04151



 
 
 


ここで、
「ご飯の前は我慢してね」と話すのもいいですが、

 
「だめ」
「たべちゃおー」
「だめ」
「たべちゃおー」

と延々と、忙しい時間につきあわねばならないので、

一切無視するというのも、ひとつの方法です。 


 

04152_2  

 
 

 

 

 

 

04153

 

 

 

 

相手にしてもらえないと分かるとあきらめて

 

04154

 

戻しにきた!

 

 

 

 


そんな時は
どんなに忙しくても、
たっぷり褒めます。



 

04155

 

 

 

 

04156

ぷぷぷ。また言ってる……。

  
 
 
 

 

 

 

もうひとつ。
こんなときも。

 
 
 


ななは、帰宅すると、
すんなり車から降りてくる事があまりありません。

機嫌のいいときは、車でずっと遊んでおり、
悪い時は、すねて立てこもり……。

 

それを、どうしたらいいのか、ずっと悩んでおりましたが、
悩む事が、更なる悪循環を引き起こすので、
(悩む→負の空気が流れる→自分のせいだとななが落ち込む→よけいに荒れる→さらに悩む……)

 

 

04157

 
 

一声かけておいて、
あとはななにお任せ。

 

 

 

 

そして自分から家に入ってきたときに、

 

 

04158

 
 
 
 

それでいいじゃん。と思います。

 
 

 

 

ななを抱っこして、
気の済むまでヨシヨシすればいいですが、 
いつも時間との戦いだからね。

 

 

 

 

去年の初夏、新生活のストレスで、
気に入らない事があると、よく家を飛び出していったけど、
あの時も、
決して、困った様子をみせるのでもなく、
そんなことをするななを否定するのでもなく、
ただ、よく帰ってきたね。
というメッセージを、明るく伝えるだけで
よかったんだと思うな。


ほんと、日々是成長。

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

最近心がけている事。プラスの言葉。

 

 

有名なことですが、
子供に話しかける言葉は、

プラスの言葉がいいと言われますよね。

 

 

 

でもね、
これがね。
ほんとに。

 

 

 

 

 

できないんですよ。

 

(ノ_-。) 

 

 

 

 

 

日頃からよっぽど気をつけていないと、
発する言葉は否定的な言葉ばかり。

 

 

 

それは、やはり、
自分自身が、マイナス思考だからでありましょう。

  
 

 

親がどんな言葉をかけるかによって、
子供の心が伸び方が決まるので、
親の言葉は魔法の言葉、と言う人もいます。 

 

 

 

ならば、
私も、本気で修正していかねば!と思います。

 
 
 

 

まずは、心がけるところから始めます。

そうすれば、5回中1回くらい
魔法の言葉が言えるようになるかもしれない。

そうしていくうちに、自分自身が、
言葉の力で、プラス思考の人間になれるといいな!!

 

 

 

 

 

 

たとえば
今まで言っていたこんな言葉を直しました。

 
 
 

04141  

おどし文句から……(;ω;) 

 

 

 

04142

プラスの言葉へ!!

 

 

毎日同じ言葉は使えませんが、 
 
「たくさん寝たら、大きくなれるよ〜」とか
 
「早く寝たら明日すっきり起きられるから、たくさん遊べるよー!」
 
とかプラスイメージの言葉へ変更です。

 

 

 
 

 

 

そしてこの言葉も。

 
 
 
 

04143  

おどし文句から……

  
 
 
 

04144  

プラスの言葉へ!!

 
 
 
 
 

04145

 

たとえ結果は同じでも……

ヾ(;´Д`A 単純なだけだって。

 
 
 
  
 
 
 

言葉には、本当に大きな力があるので、
プラスシャワーを浴び続けた子供は
どれだけよい影響を受けるか、
計り知れないです!

 

たったの一回で、効果覿面! 
ということもあるくらいだから。

 

 

頑張って続けて行きたいと思います! 

 

 にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (4)

上の子下の子の性格

 

どのご家庭も、だいたいそうだと思いますが、

 

上の子は
 
 
「慎重」「几帳面」「優しい」「まじめ」「しっかり」「完璧主義(100点か0点かどちらか)」「頭カタめ」
 

 

といった性格がみられる反面 

 
下の子は

 
「社交的」「気が強い」「甘えん坊」「お気楽(不真面目)」「柔軟」「大雑把」「ちょっと自己中」

(オオタトモコ調べ)

 

 

とまあ、上と下で
だいたい決まったパターンがありますよね。。。

 

 

 

大人になっても、「この人、長男だな」とか「この人、妹だな」とか
なんとなく分かるくらいで、
面白いものです。

 

親が力を入れた分、上の子は頭がよくて、
手が回らなかった分、下の子はのびのびしているのでしょうね。

(モチロン一様には言えませんが!!)

 

 

 

 

我が家でも、
同じ対応をしても、
反応が全く違います。

 

 

 

 

もう出発時間なのに、
今やっていることがやめられない時。

 

 

ひよこなら。  

 

 

04131  

 

 

 

 

04132  

 

 

 
なんて扱いやすいんだ。(;´▽`A``

 

 

 

 

 

 
ななに同じ事をしたら、

 

 

 

04133  

 

 

まじめだから、真に受ける〜!ヾ(.;.; ̄Д ̄)ノジョーダンジョーダン!

 

 

 

 

 

 

 
また、ご飯の途中で遊び始めた時、

 

 

ひよこなら。

 

 

 

04134  

 

 

 

 
その瞬間、さっと戻ってきて

 

 

 

04135


 

涙が出る程単純……。Σ( ̄ロ ̄lll)

かっこいい一年生って……。

 

 

 

 
 

 
でもななに同じ事を言えば、
きっと、自分が否定されたと思って、
「いいもん、デザートいらないから!」
とか言って、すねちゃうだろうな。

 

 

 

 
姉妹同じようにはできないです。

 

 

 
それぞれに合わせた対応をして、ようやく平等なんだね。。。

 

 

 

 

 

 
ところで、このブログで、
ひよこは何をしても肯定的に見られるのに対して、
ななはいつも否定的に見られている、
と言われたことがありましたが……

 

 

 
それが母親の成長なのですから、
仕方のないことなんですよ。
(うわ、開き直った)

 

 

 

 

子供が二人以上いると、どうしてもそうなると思うのですが、
上の子というのは、親にとっても初めての育児で、
自分の理想の子育てをしようと一生懸命で、
少しでも、思っていたのと違う行動にでると、
これで大丈夫なのだろうか、すぐに心配になっちゃうのです。

 

ところが2回目以降の子育てになると、
自分の思い通りにはいかないことが、痛い程分かっているので、
何もかも、「子供はこんなもんだ」といい意味でいい加減になります。

 

だからこそ、安心してみていられるんでしょうね。

 

 

一人目のときから、そうできればいいのだけど、
やっぱり1階を建てないと2階は建てられないように、
一度体験しないと、通る道は分かりません!

 

もう、これは仕方がないです。

 

 

心がけることといったら、
「上にはあまりガミガミ言わず、自由にやらせてみる」
ということくらいなのですが、
そう思うとまた、

「口うるさくしないようにしなきゃ。」
「自由にさせなくちゃ」

と、肩に力が入るのですよ。(笑)

 

どうしようもないね、こりゃ。 

 

 

 

 
でもいい所も、悪い所もひっくるめて、
ななを理解しようとしているし、
私が「今のこの子が一番大事」と思っているんだから、
もうそれでいいジャン。

 

 

 

私は、子供に、
「こういう人になってほしい」
「こういう人生を歩んでほしい」
という期待はありません。

 

どんな人生でも、それぞれの生活レベルで、
心満たされ、楽しく過ごせるよう
自己肯定感を大切にしよう、と思うばかりです。


 

 

 
人を喜ばせるひとはみんなから好かれる人だと思います。
人を信頼できる人は、やはり人からも信頼されると感じます。
人に幸せを与える人は、幸せな人生を歩むと思います。

 

子供にああしろこうしろという前に、
自分が、人間として成長したいと思う毎日です。

 

 

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

「怒らないでね」
のしおりを貼って下さっている方が
続々と名乗りを上げて下さいました!!

とっても嬉しくなります。

 

私は、イライラしてしまった時は
赤ちゃんの頃の写真を見るというのが最も効果的です。

そんな訳で、
お札のように、部屋のあちこちに貼ってあります(笑)


| | コメント (10)

コメントのお礼

 

先日かいた
「虐待する親の気持ち分かります」
の記事に、たくさんの
共感のコメントを頂きました。

やっぱりみなさん
いっぱいいっぱいで頑張っていらっしゃる方が多い……。
周りをみると、
私以外のお母さんは、楽にこなしているようにみえるんですが、
やっぱり同じなんですね。。。

 

育児は本当に大変ですね。 

 

つらくなった時、このブログを見て、
また頑張ろうと思って下さる方があると知り、
私も元気を頂きました。

 

「怒らないでね」のしおりを
冷蔵庫に貼って、お守りにして下さっている
うさくまさん、
嬉しかったです!


 

| | コメント (4)

ななの新学期

 
 

なな、2年生になりました!! 

あっという間だなー!!ヾ( ̄0 ̄;ノ 

 

 

 

ななは、大好きだった先生との別れがありました。

 

 

お別れの挨拶に、来てくれた先生。
みんな笑顔だったけど、
ななだけ泣いちゃったんだって。

 

 

 
みんなに「なんで泣いてるの?」
って聞かれて、
「みんなは悲しくないの!?」
って、また泣いちゃった。

 

 

とってもとっても大好きな先生だったから、
昨日は夜まで、
「先生が恋しい……」と
思い出しては泣いていました。

「先生新しい学校へ行っても頑張って下さい。
私も頑張ります」って手紙をかくんだって。

 

 

新しい先生も、
去年みたいに、すてきな先生だといいね。。。 

 

 

 

 

 
そんな
ななの話。

 

 

 

 

 

学校の帰り道、
ふと思い出したらしく。

 
 
 
 

04081  

 
 
 
 


  
 

04082


 
 
 
 
 
 
 
 

04083


 
 
 
 
 

 

 

 

04084  

 

 

 
 

どこで仕入れてきた!?

 

 

 

 

(@Д@;ニトリとか言ってるし……

 

 

 

 

 

母はとにかく2段ベッドには反対。

 

 

 

0408

 
 
 

今回はあきらめてもらうしかなさそうだよ。 

 
 
 

でも、私も小さい時、友達の家の2段ベッドに憧れたことあるなあ。
あの個室的空間が、なんともいえないよさがあったし、
2階部分のスペースがあるのも羨ましかったな。

 

 
 
ベッドじゃなくても、
何かないかね。

 

はしごがあって、上がれるようになっている勉強机とか……。

 
 

 
「今度家具やさんにいって、
すてきなのがあるか探してみようね。」

(そうこうしているうちに忘れさせよう)

 
 

と言って、この話を終えました。

 
 
 
 
 

 

 

 

と思っていたら、


 
 
 
 
 
 
 
 
 

その夜。

 
 
 

04086  

 
 

終わっていなかった! (lll゚Д゚)

 
 
 
 
 

 

母じゃラチがあかないので、
パパに訴える作戦。

どれだけほしいか一生懸命訴えていました。

 
 
 
 

 

 

 

 

さあ、優しいパパの下した決断は!?

  
  
  
 
 

 
 
 

04087

 

 

 

 

 
 

04088

 

 

 

 

よし!

2段ベッドだ!!good

 

 
 

 

 

納得がいかないななは、
その後もしばらく
買って買って攻撃を繰り返していましたが、
そのうちあきらめて何も言わなくなりました。 

 
 
 
 
 
 

それからまたしばらくして、
お風呂にも入って
みんながそれぞれくつろいでたのね。

 
 
 

 
 

04089

 
 
  
 
 

なながものすごく無理な姿勢で
くつろぐ父に寄りかかってマンガを読んいたので、

 
 
 
 
 

040810  

 

 

 

 

 

 

040811  

 

 

この人まだあきらめていなかった!!

 

 
 
 

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

ペネロペがまた始まったんだね!
録画したのをななと一緒に見ていたら、
「これ始まると、お母さんがコワくなるからやだな〜」
とか言っていました。
(コレコレ↓ふふふ)

app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=65588673&blog_id=640806  

 

 

 

| | コメント (1)

お別れの儀式、その後。

 
 

ひよこ、年少組になりました!ヽ(´▽`)/

 
 

先生も代わり、
同じクラスには、年長、年中の
おにいちゃんおねえちゃんもいて、(縦割り教室)
新しいことづくめで、
なんだかワクワクです♥

 
 
 

ひよこは、新しいクラスのおもちゃが
どれも魅力的なようで、
今はお別れの儀式もそこそこに、
さーーっとおもちゃの方に向かって行きます。

 
 

 

お別れの儀式も、
「アメの交換」から少しずつ変形をとげ、
訳の分からぬ儀式になりました。

 
 
 
 
 
 
 

04081  

 
 
 
 
 

04082  

 
 
 

鼻を食べる。

 
 
 
 

……(;´Д`A ```

 

 

 
 
 
 
 

04083

 
 
 
 

「鼻食べ交換」 

という新しすぎて、誰もついていけない儀式を
今日も進行中です!!

 
 
 
 
 

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村


それでも「行ってきます」の合図は
欠かさずしたいと思います。(^-^; 

| | コメント (3)

虐待する親の気持ち、分かります。

 
 

昨日の、保育園の帰り道。 

 

 

何度言っても言う事を聞かない子供を置いて、
車で去ってしまうお母さんを見た。 

 

04051

 

 

 

といっても、本当に帰ってしまうのではなく、
しばらく走ったら、ちゃんと止まるんだけど。

 

 

 
こういうことって時々見るけど、
昨日は、お母さんがとても怒っていたし、
見るからに本気発進といった感じだったので、
私もひやっとしました。

 

 

もちろん、子供は、
本当に置いていかれると思って、
悲鳴のような泣き声で、
車を追いかけて走っていきました。

 

 

 

ひよこより一歳年下に見えた。。。
ああ、去年のあの絶頂期か……。(;´д`)…気持ち、分かるわ。

 
 


 

追いかけるときの
とても悲しそうな泣き声……。
私まで、うるうるとしてしまいました。

 
 

そしてようやく車が止まって、子供が乗り込むときも、
なにやら大声で怒鳴られているようでした。

 
 

 

 

 
子供のいない頃ならば、そういう風景をみたら、
 
「コワいお母さん……。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
 
と感じただろうけど、
 

今なら、

 
その気持ちが、とても良く分かりマス。

 
 

 

 

明橋先生の本に

 
「『問題がある家』というのは、
 実際には、
『多くの苦しみを抱えている家』」

 
とありました。

 
 

 

 
パパの協力がないのかもしれない。
 
仕事がとても忙しいのかもしれない。
 
まわりの理解がないのかもしれない。
 
手のかかる子に、慣れない育児で
一杯いっぱいなのかもしれない。
 
もしかしたらそのことで、
お母さんは責められているのかも……。

 

 

 

 
お母さんも、はじめからこうするつもりで 
保育園に迎えにいったのではないでしょう。 
きっと優しい気持ちで
我が子に会いに行ったに違いないと思います。
それなのに、子供はちっとも言う事きかなくて……。 
置いていくというのは、最後の切り札だったのだろうな。。。 

 
 

 

 

 

「ハッピーアドバイス、褒め方叱り方2」
の本でも書かれていましたが、

「虐待したと感じた事がある」

と答えた子育てママは

3割 もいたそうです。

 

 

 

生まれたときから、
 
「虐待するぞ!」

 
と思って、子供を生む親はいません。

 

 

どの親も、初めて子供を抱いた時、
 
「どんなことがあってもこの子は私が守ろう」

 
と思ったに違いありません。

 
 
 

 

 

 

でも、現実は厳しいよ。

 
 

 

生まれたときに、

「この子は、あなたの思い通りには絶対になりませんからね。
子供はみんな、言う事きかないですからね」

 

って、教えてほしかったくらい。

 
 

 

言う事を聞かせようと思うから、イライラしてしまうんだし、
しかもそれがその子のためと思ってやるからこそ、
「いい加減にせいやー!annoy
となってしまうのよね。

 

 

 

更に子育てに厳しい環境の中にあれば、
どんな親だって、虐待する可能性があると思う。

 
 

 

 

 

虐待する親が、特別なのではありません。
むしろ、人一倍苦しんで、頑張っています。

 
 
 

悲しそうに泣く子供も、
どうしても子供につらくあたってしまうお母さんも、

 

みんな

 
みんな


抱きしめたいです。

 

 
 

手のかかる子に、
どうか優しいまなざしを向けて下さい。

それだけでも、その親子は、
一時救われると思います。

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ

にほんブログ村

| | コメント (10)

子供の笑顔のお値段は

 
 
 

子供の笑顔をお金で換算すると、
いくらくらいになると思いますか?

 

 
 

 

 

かなり前のニュースですが、

 

 

イギリスの科学者が、
その数字をはじき出したんですよ。

 

 

 

 

 

「子供のほほえみをお金で換算すると
16000ポンド
(日本円で
約320万)以上になる」

 

 
 
 
 

これは、対象者に様々なものを見せて、
その時の脳波や、心拍数の変化を測定したものだそうです。

 
 
 

 
 

 

約320万!!

 

 

( Д) ゚ ゚ 

 

 

 

 

 

そ、そんなわけないだろー!(;´Д`A ```

 

 

と思うでしょうか。

 
 
 

 

 

一人一人、感じ方は違うと思いますが、 
私はこの記事をみて、
本当だな〜(o^-^o)、と感じました。

 

 
  


仕事で疲れた時、
嫌なことがあって落ち込んだ時、
子供の笑顔を見て一瞬に吹き飛んでしまった
ということが、
どれだけあったか分かりません。

 
 
 

 

それでまた仕事が頑張れるし、
元気に生きていけるのですから、
これくらいの金額が妥当なのかな。

まあ、お金じゃ比較にならないのですが。

 

 

 

 

趣味や贅沢三昧で、満足しようと思っても、
子供の笑顔を見たときに感じるあの幸せ感まで
到達しようとおもったら、
320万くらい使い込まないと味わえないんじゃないかな。

 
 
 

 

子供の笑顔って本当に、

他のことでは例えようのない、

なんとも言えない幸せな気持ちになれますよね。。。

 

頼られている……。
幸せだなあ……。
 

 
 
 
 


 

子供が嬉しそうにしていると、
私も嬉しくなります。 

 

子供が楽しそうだと、
私も元気になります。

 

パワーも分けてもらえるなんて、
子供ってすごい存在です!
 
(吸収されることも多々あり(;;;´Д`)

 
 
 

 

 

 

 

これは先日のこと。

 

 

 

 
 

04031

  


 
 
 
 
 

04032

 
 
 
 
 
 

お母さん元気スイッチ入ったよー。ヽ(´▽`)/

 

04033

 
 
 
 
 

04034

 

 

ついに母も、疎まれる存在に。。。




 

 

 
 
  
 
 
 
 
 

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村

| | コメント (6)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »