« 子供の笑顔のお値段は | トップページ | お別れの儀式、その後。 »

虐待する親の気持ち、分かります。

 
 

昨日の、保育園の帰り道。 

 

 

何度言っても言う事を聞かない子供を置いて、
車で去ってしまうお母さんを見た。 

 

04051

 

 

 

といっても、本当に帰ってしまうのではなく、
しばらく走ったら、ちゃんと止まるんだけど。

 

 

 
こういうことって時々見るけど、
昨日は、お母さんがとても怒っていたし、
見るからに本気発進といった感じだったので、
私もひやっとしました。

 

 

もちろん、子供は、
本当に置いていかれると思って、
悲鳴のような泣き声で、
車を追いかけて走っていきました。

 

 

 

ひよこより一歳年下に見えた。。。
ああ、去年のあの絶頂期か……。(;´д`)…気持ち、分かるわ。

 
 


 

追いかけるときの
とても悲しそうな泣き声……。
私まで、うるうるとしてしまいました。

 
 

そしてようやく車が止まって、子供が乗り込むときも、
なにやら大声で怒鳴られているようでした。

 
 

 

 

 
子供のいない頃ならば、そういう風景をみたら、
 
「コワいお母さん……。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
 
と感じただろうけど、
 

今なら、

 
その気持ちが、とても良く分かりマス。

 
 

 

 

明橋先生の本に

 
「『問題がある家』というのは、
 実際には、
『多くの苦しみを抱えている家』」

 
とありました。

 
 

 

 
パパの協力がないのかもしれない。
 
仕事がとても忙しいのかもしれない。
 
まわりの理解がないのかもしれない。
 
手のかかる子に、慣れない育児で
一杯いっぱいなのかもしれない。
 
もしかしたらそのことで、
お母さんは責められているのかも……。

 

 

 

 
お母さんも、はじめからこうするつもりで 
保育園に迎えにいったのではないでしょう。 
きっと優しい気持ちで
我が子に会いに行ったに違いないと思います。
それなのに、子供はちっとも言う事きかなくて……。 
置いていくというのは、最後の切り札だったのだろうな。。。 

 
 

 

 

 

「ハッピーアドバイス、褒め方叱り方2」
の本でも書かれていましたが、

「虐待したと感じた事がある」

と答えた子育てママは

3割 もいたそうです。

 

 

 

生まれたときから、
 
「虐待するぞ!」

 
と思って、子供を生む親はいません。

 

 

どの親も、初めて子供を抱いた時、
 
「どんなことがあってもこの子は私が守ろう」

 
と思ったに違いありません。

 
 
 

 

 

 

でも、現実は厳しいよ。

 
 

 

生まれたときに、

「この子は、あなたの思い通りには絶対になりませんからね。
子供はみんな、言う事きかないですからね」

 

って、教えてほしかったくらい。

 
 

 

言う事を聞かせようと思うから、イライラしてしまうんだし、
しかもそれがその子のためと思ってやるからこそ、
「いい加減にせいやー!annoy
となってしまうのよね。

 

 

 

更に子育てに厳しい環境の中にあれば、
どんな親だって、虐待する可能性があると思う。

 
 

 

 

 

虐待する親が、特別なのではありません。
むしろ、人一倍苦しんで、頑張っています。

 
 
 

悲しそうに泣く子供も、
どうしても子供につらくあたってしまうお母さんも、

 

みんな

 
みんな


抱きしめたいです。

 

 
 

手のかかる子に、
どうか優しいまなざしを向けて下さい。

それだけでも、その親子は、
一時救われると思います。

にほんブログ村 子
育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ

にほんブログ村

|

« 子供の笑顔のお値段は | トップページ | お別れの儀式、その後。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして(^-^)激しく共感しました!

投稿: みなみかぜ | 2011年4月 5日 (火) 23時19分

初コメです。いつも楽しみにしています。
本当におっしゃるとおりです。いつも優しくしたいとは思うんですが、ついつい・・・ 子育てって修行のようですね・・・ うちは男子3兄弟なので、毎日怒鳴りまくってます・・・ 

投稿: | 2011年4月 5日 (火) 23時32分

わかります!!!母になって心からわかるようになった気がします。
うちはまだイヤイヤ期に入ったばかりですが、すでに一緒に泣いたりしてます(>_<)

投稿: Sayaママ | 2011年4月 6日 (水) 15時03分

そう思ってくださる方がいると、それだけで気持ちが楽になります。

我が家の上の子は、発達障害があります。

こちらの言うことが理解できない。
頑固なこだわり。金切声で叫ぶ。

傍から見ると、なんて躾のなっていない子供でしょう。親は何をやっているんだと、声は聞こえなくても
そう思われているのは、ひしひしと伝わってきます。

園でのお迎え、周りを気にしながら何とか車まで
引っ張り込み、車に押し込んだとたんに怒鳴り散らす。
よくありました。どうしても言うことを聞かない、
理解できない子供に対して、やり場のない想いが
こみあげて、壁に物を投げつける事も
何度もありました。(子どもに手をあげるのは
かろうじて堪えました。)

そんな母親の気持ちは、ピンと張りつめた糸です。
ほんのちょっとしたことで、切れてしまいます。
もしも、そんな場面に出会ったら、どうぞさりげなく
無視していただければと思います。

そして、いま苦しんでいるお母さん方、
必ず子供は成長するんだということを、
いつまでもこのままではないんだということを、
知っていていただければとも思います。

投稿: しろねこ | 2011年4月 6日 (水) 16時09分

こんにちはhappy01
いつも読ませていただいています
我が家には5歳の娘がいるので、ななちゃんやひよちゃんの様子・日常のいろんなことをうんうんと頷きながら拝読しています

娘が2歳の頃、よく抱っこ抱っこと泣き叫ばれました
買い物中で荷物がいっぱいでどうしたって抱っこできない状況で・・・
レジに並んでるときでもなんでも「抱っこ~~~!!」と愚図る娘にこちらまで泣きそうになっていたとき
レジの従業員さんに「お母さんのことが大好きなんだね」と微笑まれてすごく救われた気持ちになったことがあります
そういう見方もあるんだ~~~と。。。とても優しい気持ちになりましたconfident

5歳になった今もイライラすることあるけど「この子はわたしのことが好きなんだもんね~仕方ねぇなcatface」なんて思うようにしてます

回りのイライラしてるお母さんにも出来るだけ優しい眼差しと言葉をかけて、みんなで楽しい育児ができるようにしたいなと思いますheart01

投稿: ゆう | 2011年4月 6日 (水) 21時51分

こんにちは。
すごく共感しました。
いつでも余裕をもって接したいと思ってはいるけれど
結構余裕が無かったりです^^;
怒りすぎちゃったかなって後悔するときもあります。
子育て、むずかしいです。
もうすぐ2歳になる息子と悪戦苦闘中です
つわりもあって毎日がいっぱいいっぱいになっちゃってます。
子供が生まれる前は街で「お母さん怒りすぎだよー」とか思ってたんだけどね!

投稿: うさくま | 2011年4月 7日 (木) 19時58分

初めてコメします。三歳と一歳の姉妹の母です。
私も分かります、こどもに辛くあたる気持ち。
虐待するかしないか、本当に紙一重のところに自分が立ってるなと思うこともありました。
幸い、周囲のヘルプがあったので今は落ち着きましたが。


あと私は「子育てハッピーアドバイス」に付いていた、知子先生の絵と「怒らないでね」と書いてあるしおりを冷蔵庫に貼ってお守りにしています。ついガミガミ言ってしまいそうな時に見るとかなり効きます(^_^)v

投稿: はるふみ | 2011年4月 7日 (木) 23時03分

1歳9ヶ月の子の母です。
実家は遠く、近所にも頼れる人はなく……。
子どもがいてとっても幸せ!ではあるけれど、イライラしてしまうときもあって。

今日もちょっとそんなことがあったので、この文章を読んで、思わず涙ぐんでしまいました。
本当に、本当に,その通りだと思います。。。

私のように励まされる人もたくさんいると思うので、これからもブログ頑張って下さい!
可愛いイラストも、楽しみにしています。
つらいときはブログ本を読んでいます。
「子どもはこんな可愛いんだー!」と改めて思うことができて、育児を頑張る元気が出てくるんです。

投稿: hana | 2011年4月 7日 (木) 23時10分

うんうん、分かります。最初から虐待しようと思っている親なんて居ないんですよねheart03

育児に一生懸命で、周りからのサポートも少なくて、凄くすごく悩んでいるのに子どもは言うことを聞いてくれない、手がかかりすぎるってなるとイライラしたり落ち込んだりしてしまって子どもに当たってしまいそうになるんですよね…

もっともっと親族や地域や医療機関・保育機関・教育機関などが親も子もサポートして皆で子育てが出来るような社会になっていけばいいなぁって思いますhappy01heart04

投稿: Ai | 2011年4月 8日 (金) 10時41分

今日、初めてここにお邪魔しました。
「今日も子どもを凄く怒鳴ってしまった・・・、これって虐待crying」って思って、どうにかしたくって。
私も妊娠中に、隣りに住んでいた二児のママが「虐待するかしないかなんて紙一重だよ」と言われて、「ひど〜い」って思っていました。でも、親戚もいないし、人にお願いしたり甘えたりするのがとっても苦手な私は、一人目の子どもに、ついつい当たってしまいがちです。今は、三人目の妊娠中で余計に怒りっぽくて、「本当にごめんね、母ちゃん変わらなくちゃね」と毎日反省の日々です。
「子どもに寄り添う大人になりたい」って思うくらい子どもが好きだったけど、育児となると話は別で・・・。
でも、今日、ここにお邪魔できて本当に良かったですconfident

投稿: yukimatsu | 2012年10月22日 (月) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子供の笑顔のお値段は | トップページ | お別れの儀式、その後。 »