« 今日のニャッチー★ | トップページ | あ、これが楽勉か。 »

日本の高校ってさ。

 
 

実は学期末にやった
ななの算数のテストが、
思いのほか悪くて。。。。
国語は得意なんだけど。

 
 
 
 

それまでは、
「小学生のうちは遊ぶのが勉強!!!smile
と思っていた私ですが、 

 
 
 
 

これって、普通••?
他の子の平均点は……??



 
 

急に気になってしまい、
他所のお母さんに聞いてみました。

 
 
 
 
 

教育ママになるわけじゃないけど、
算数って積み上げ式の勉強だから、
今日の分が分からないと、
この後がついて行けなくなるじゃん。

それが少し心配になったんだけど。。。 

 
 
 
 

ママ友の話によると、

「ダメなものは、どうやったってダメだよ。」
 

ということでした。

 

 

 

今中学生になったお姉ちゃんが、
小さい頃からとても勉強が苦手だったらしく、
チャレンジその他、いろいろやらせてみたけど、

苦手なものは苦手なまま
今に至るそうだ。。。 

 

 

 

で、苦手科目ではなく、いいところを延ばしたいと思うように
なったそうなんだけど、

 
 
 
 
  
 
 

あれ、



 
 
 

いいところって……?

 
 
 
 

( ゚д゚)ポカン…

 

 

 

 

と、悩んでいました。。。(;´Д`A ```

 
 
 
 
 
 
 

で、そのお姉ちゃん。
来年高校受験だそうで。

 
 
 

「性格はいいんだけどね。
でも性格がいいからって、
高校受かる訳じゃないもんね」

 
 

って言うんだけど。。。

 
 
 
 
 
 
 
 

性格がよくて、受かればいいのに。。。。

 
 

 

と思いました。

 
 
 
 

 
日本の高校は、勉強の成績重視で
他にはスポーツができれば推薦で入れる。

でも、 
「勉強」も「スポーツ」も、ほんの一面だと思う。

その人をはかるものさしは、
他にもたくさんあり、
勉強よりも、もっともっと大切なモノもあるのに、
そういうことは、問題にされない。

 

「勉強ができる」しか価値がないところが、
日本の自己肯定感の低さにつながっているのではないか
と思いました。

 
 
 
 

私は、
母親になって、

「勉強ができる」

よりも

「性格がいい」

の方がいいなあ、
と思うようになりました。

 
 

勉強は後からいくらでも、
やりたいと思ったときにできるけど、
性格の善し悪しは、一度身に付いたものは
そうそうかわらないから。

 

 

 

それに、
社会に出てからつくづく思うのですが、
勉強ができるかどうか、より、
性格がどうか、で
周りの人から愛され、信頼され、
結果的にその人が幸せになる事につながっていると
強く思うから。

 
 
 
 

成績が問題になる時期というのは、16年間くらい。
長い人生の中では、わずかなものだ。 

 
 
 
 

我が家でも、ななは
性格がいいからこれでよし。
と思う事にしよう。

 
 
 

 

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

|

« 今日のニャッチー★ | トップページ | あ、これが楽勉か。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

そのとおり!ななちゃんがななちゃんらしく、これからも周りの人たちに愛されてもらえるのが一番!・・・・と言いつつ、ゲームばかりやってるうちの子供達見てると・・・・。ちょっとは勉強もって言いたくなるのが本音だったり・・・・。happy01

投稿: 伸様らんばだ | 2011年8月 2日 (火) 17時59分

日本の教育現場には
お勉強とスポーツしか評価軸がないって、
本当にすごく悲しいことです…。

だからこそ、
「この子はこれでいいんだ」と思えることは
とっても大切ですよね。
親がそう思ってくれることこそが
子どもの自己肯定感につながると思います!

でも…。
ママ友さんを批判するようで申し訳ないのですが、
「ダメなものはどうやったってダメ」という考えは
いかがなものでしょう?
自己肯定感を育むこと(「この子はこれでいい」)と
諦めること(「何をしてもダメ」)は
全く違う気がします。
本当にあらゆる手を尽くしてダメだったのなら
そうやって肩の力を抜くのもいいと思いますが、
高々小学校低学年の算数で
それはないんじゃないでしょうか?

小学校低学年の算数なんて、
きっとしょーもないところで
つまづいてるに決まってます。
塾も通信教育も必要なく、
親がちょっと見てやるだけで
すぐできるようになります。
だから、時間のある時に
その悪かったテストを取り出して、
何の問題をどう間違っているのか
じっくり見てあげて下さい。
そして夏休みの宿題のワークに
その単元の問題があると思うので、
一緒に解いてあげて下さい。

今なら持ち直すのは簡単です。
確かにお勉強の成績が直接的な問題になるのは
学生のうちだけですが、
将来就きたい職業によっては
進学や資格取得が必要になることもありますから、
そういう意味では成績が影響を及ぼすのは
16年間だけとは限りません。

ななちゃん、
できなかったところができるようになれば
きっともっと自己肯定感が育まれますよ!

何だかエラソーなこと書いてしまってすみません…。

投稿: Melrose | 2011年8月 3日 (水) 00時22分

はじめまして いつも楽しく拝見させていただいてます

今回は勉強の話なのですね
うちの娘はひよこちゃんと同じ年なのでまだ先の話ですが
姉の子供は中3の受験生です
姉も小学生は遊ぶのが仕事 と考えていたのですが
数学や理科を理解しないまま中学に上がったので現在
家庭教師さんにお願いして受験対策してます
先生いわく 小学生のうちから家で勉強する練習をしたほうがいいらしいです。
15分でもいいので居間で勉強する習慣をつけるといいらしいですよ。

投稿: にょろ | 2011年8月 3日 (水) 01時10分

うん、うん!私も同じ様に思いますlovely

受験って一体何なんだろうなぁってsweat01人には色んな面があってそれぞれ他の人が持っていない良い所が沢山あるのに「勉強」というものさしでしか評価してもらえない…なんだかそんなのってあまりにもシステマチックで悲しいですよねdown

しかも高校で勉強したことって実生活で役に立った記憶が無いdashただ単に、大学に行くためだけの勉強をしてたんだなぁって気付いたら「あぁ、あの時間を返して」って思いますcrying

子どもが主体的に自分の好きなこと、夢中になれることを見つけてそれを楽しく頑張れる環境が整うといいなぁって思いますheart01

投稿: Ai Takagi | 2011年8月 3日 (水) 09時35分

「ダメなものはダメ」と言ったママ友さんは、寝ない子はどうやっても寝ないのと一緒で、あらゆる努力をされた上での諦めだと思いますよ(゚ー゚;
初めから放置するのは違うと思いますが、やってもできない子ってやっぱりいるんだと思います。
私も運動が苦手で、授業中のバレーで人一倍真剣にやっていたのに、「もう、真面目にやって!!」とチームメイトから怒られた記憶があります。
もちろん、できるようになることは喜びだと思いますが、平均とか、周りじゃなくて、過去のその子と比べてあげるようにすればいいんじゃないでしょうか? いくら苦手な子でも、ゆっくりかもしれないけど進歩していますもんね。
ななちゃん、国語が得意なんて、素晴らしいです。国語って、センスが必要なところがありますから、急にできるようにはならないもんです。算数は、いつでも追いつけます。ゆっくりでもいいから、足し算引き算掛け算さえできれば、あとは何とかなるものです。
私は親が厳しくて、かなり勉強を強いられましたが、結局良い大学を出ても社会に貢献できず、もっと得意なことを伸ばしてもらえたらと思っています。好きなこと、得意なことを見つけることの方が大切じゃないでしょうか。
かく言う私も、いざ自分の子が小学校に上がったら、平均を気にしてガミガミ言ってるかもしれませんが(^-^; やっぱり、親だから、大切だから心配ですもんねcoldsweats01

投稿: はる | 2011年8月 7日 (日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日のニャッチー★ | トップページ | あ、これが楽勉か。 »