« お母さんの子守唄 | トップページ | 話に割り込むひよこ »

思い出の数々……

 

 

気がつけば近所の畑にふきのとうの芽が出ていました。


Photo

 

春なんですね……。

 





 
 

早いもので
保育園に通うのもあと2週間少々です。

 
 
  

ななの時から数えれば、
9年3ヶ月、

雨の日も、風の日も、ジリジリと太陽が照りつける暑い日も、
毎日毎日保育園に通いましたが
それもいよいよ、本当に終わるんだなあ……。

 
 

胸がいっぱいになります。

 
  

通い慣れた保育園までの通園路、
初めて歩いた日は一時間かかりましたが、
(想定外で熱中症になるかと思った)
今ではスタスタと、10分少々で歩きます。

 
  

途中、何度も立ち止まっては
色んなものを見つけたり、拾ったりしておしゃべりし、
楽しい思い出もいくつもできました。

  

一人で歩いていたら気にも留めないものが、
ななとひよこのおかげでステキな思い出に変わりました。

  
 
 
 
 

そんな思い出を
最後に記録しておこうと思い、
先日、カメラを持って
思い出の場所で立ち止まって撮影しながら登園しました。

 
  
 
  
 
 
 
 

Photo_2     

おじさんの庭

 

 
この家に住むおじさんが、ある夏思い立って、
自分でレンガを積んで庭を造りました。
朝の登園の時間が作業の時間で、
少しづつ庭が完成していくのを、ひよこと楽しみにしながら歩きました。 

 

 
 

 

 

 
 
 
 
  
Photo_12  

  

音を聞くところ

 
 

心を落ち着けて、目を閉じ、
朝の音を聞きます。 
ひよこが言うには、このポイントが一番
いい音が聞こえるそうです。

 
 
 
 
 
 
 

 
   
 

Photo_8  

 
ふくろう親子

 

 

ここを通る時、いつもふくろうが声をかけてきます。
朝なら「おやすみ」、夜なら「おはよう」です。
 

ひよこちゃん、子どもがなかなか起きないのよ。
まだ眠いよう、お母ちゃん……」と、ママは一人二役。
 
ひよこはいつもフクロウに優しく話しかけ、
この冬は毎日頭にのっている雪を払い、
なぜか二羽の前に、雪玉を置くのがお約束でした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
Photo_5  

 

ライオンさんのいるところ

  



 
 

分かりにくいのでライオンさんをズーム

 
 
 
 
 

Photo_6

 

 

ほらほら。
切り株が、ライオンが吠えている姿に見えるデショ。
このライオンは子どもライオンで、
「がおーっ!」とかわいい声を出しながら
広場を走り回るのが大好きな、元気なライオンです。 
このポイントが近づいてくると、ひよこは
「今日もライオンさん元気かな〜♪」と楽しみにします。
 

 

 

そして夜になると、お母さんの手に乗り移って、
よくお風呂や布団で一緒に遊びました。
手をつないだまま、ライオンさんと一緒に寝ることも。

 

03141  


 
 

 
 
 


Photo_13   

 
おじさんのおうち

 

 

 
ある日、屋根の上におじさんの置物がのっているのを発見。
よく見るといくつかの家の屋根に同じ物があります。 
このおじさんたちにはそれぞれキャラがあり(母が設定)
気付かれないようそーっと通り過ぎられてしまう嫌われおじさんと、ひよこが気に入っているおじさんがいます。
だまって通り過ぎると、嫌われおじさんはその晩のお風呂にやってきて、挨拶の特訓をしていきます。
いつも「ニヤニヤ」と言うので「ニヤニヤおじさん」と呼ばれています。
かわいいおじさんは、夜、空を飛んでやってきてひよこの布団に入ろうとしますが、途中で蜘蛛の巣に引っかかったり、ドアに挟まれたりして間抜けなところがあります。

 

 

何年もの間、ひよこと交流を深めた思い出深いおじさん。
その一つ一つが思い出されてきて、
おじさんを見ているだけで、じぃ〜〜〜んとしてしまうのです。 

 

03142   


 

機嫌の悪い朝は、「どうせおじさんの声ってお母さんの声なんでしょ!」
と怒っていたっけ。それもまたいい思い出だな〜。 

  

 

 
 
 
 

Photo_9  

 
訓練所

 

地面にヒビがたくさん入っている駐車場があり、
ここでは、なぜか「線を踏んだらダメ」というルールがあります。
 
割れ目ごとに一歩ずつ、
キャアキャア言いながら
よく競争したっけ…… 

 

03143  


 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_10   

 

ほたるちゃん 

 

朝の散歩中です。
少し離れていても、おばちゃんが「おはよ〜!!」って待っていてくれて
よく一緒に行きました。 

 

 
 

 
 
   
 

あと数回来たら、
本当にもう、来る事はないんだ。。。。

 
  
 
 
 
 
  

Photo_11  

 

保育園に芽を出した小さな小さなチューリップ。
このチューリップが咲く頃にはもうここにはいない……。

 
 
  

いい思い出も、つらかった思い出も、たくさんある保育園。 

親子共々、
泣いたり笑ったり、色々な事があったなあ。

 
 
 
 
 

少なくとも、ここで
ななとひよこは人生の土台の時期を過ごしたんだね。

 
 
 
 

本当に、長かったようで、
過ぎてみればあっという間です。


  
 
  

そして今年は児童クラブという新たなステージが。。。。
(しかも会長……)

 

場所を移して、
また修行させてもらうとしましょう(とほほ) 

  

 にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

 
 
 
 

       

|

« お母さんの子守唄 | トップページ | 話に割り込むひよこ »

育児」カテゴリの記事

コメント

ブログ更新ありがとうございます♪おおたさんのブログはどこのブログよりも楽しみにしているブログです!(^O^)
長い間、保育園送迎おつかれさまでした☆
一つ一つが素晴らしい想い出です☆
私も今を大事に子育て中です(^O^)

投稿: りんママ | 2014年3月 9日 (日) 15時39分

りんママさん、嬉しいコメントありがとう!
残された送迎日数、あと10日しかないというのに、今日も朝からイラッとしてしまい、「またお母さん怒ってるの!?」とひよこが呆れておりました。
恵まれているうちは、今あるもののありがたさに気がつくのは難しいものですね。。。

投稿: おおたともこ | 2014年3月10日 (月) 15時03分

まるで一緒に通園したような気持ちになる、そしてもうじき歩かなくなる道を教えてくれてありがとう。

ひとつひとつがひよちゃんの潜在意識に残る、ぜったいに残る。

そして自分がおかあさんになったとき、きっとデジャヴュが起きる。

泣きそう。

投稿: 劇団新芸座 李秀蘭 | 2014年3月20日 (木) 05時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お母さんの子守唄 | トップページ | 話に割り込むひよこ »